フェミークリニック 総院長 Dr.北山の 脱毛情報サイト

医療レーザー脱毛の施術の流れ

STEP1

ご案内

施術用の着衣に着替えていただきます。

.
STEP2

ベッドに横になり、照射部位の肌チェック

肌の乾燥・傷・あざ等、施術に影響がないかを確認します。
傷やあざなどは避けてレーザーを照射する必要があり、その旨を患者様にお伝えし、了承を得ます。

.
STEP3

照射部位のライン取り

照射漏れを防ぐため、ブロック状にラインを引きます。
水性の蛍光ペンを使用しておりますので、施術後は拭き取り、ラインの跡が残らないようにしております。
(※乾燥している部分にはラインの跡が残ってしまう場合がありますが、入浴時に洗い流していただければ消えます。)

.
STEP4

照射部位の剃毛

レーザー照射の際、毛の長さは必要ありません。
毛の長さがあるとスポットが当たった時に毛が寝てしまい、そこにレーザーが当たると皮膚に影響を与え、軽い火傷のような状態になってしまいます。
そのため、照射前に剃り残しがないよう電気シェーバーを使用し、剃毛を行います。ラインが引かれていることで、剃り残しがないかチェックしやすくなっています。

.
STEP5

テスト照射

医師の指示による出力の範囲内で、2段階のレベル設定にて2~3ショットずつテスト照射を行います。
これにより、痛み・赤み・腫れを確認します。

.
STEP6

医師による診察

テスト照射した部位の状態を看護師から医師へ申し送り、そのままの状態で医師による問診とテスト照射部位を拝見し、照射する出力のレベル設定を行います。

.
STEP7

照射スタート

毛が多く密集しているところや、皮膚の薄いところは痛みを感じやすいため、時々痛みを伺いながら照射を進めていきます。
痛みが辛い場合はゆっくり照射したり、出力のレベルを下げるなど、その都度お声をかけながら行ってまいりますので、ご遠慮なくお伝えください。

.
STEP8

照射終了

照射直後は赤みや腫れが見受けられ、ほてりを感じる方もいらっしゃいます。
炎症を抑える薬を塗布し、アイスノンで5分~10分程度照射部位を冷却します。直後に赤みや腫れが改善する方もいらっしゃいますが、通常は数時間から数日後に消失していきます。

.
STEP9

お帰りの際

お帰りの際には、受付で塗り薬をお渡ししますので、2~5日程度、赤み・腫れ・かゆみが生じる場合は塗布していただき、様子をみていただきます。
心配な症状がある場合はすぐにご連絡をいただき、診察を行いますので、ご安心ください。